« 党創立91周年の講演上映会成功を | トップページ | ブラック企業の根絶をみんなの力で »

世界大会で行動への勇気を

「平和を願うなら行動に移さないといけない」。
広島での「被爆者訪問」のひとコマですnotes

長崎の原水爆禁止世界大会に青年学生ツアー約40人が元気に出発しました。
昨日、松井一実・広島市長は「平和宣言」で、原爆は、非人道兵器の極みであり“絶対悪”」と指摘flair
世界の為政者に向かって「過去にとらわれえず人類の未来を見据えて、信頼と対話に基づく安全保障体制への転換を決断すべきではないですか」と呼びかけましたshine
「核抑止力」論はまさに思考停止の議論です。

被曝二世である井上哲士参院議員は、国会での超党派の「13条を考える会」の呼びかけ人の一人です。
「すべて国民は個人として尊重される」(憲法13条)。
個人の尊厳をもっとも乱暴に奪ったのは戦争であり、原爆であり、原発事故です。
井上議員は官邸前に呼応した金曜行動が全国100ヵ所以上に広がっていることについて「この運動は日本の歴史にもかつてなかった画期的な広がりと持続性を持っている」(「女性のひろば7月号)と述べていますsun

行動の原点は学ぶことであり、知ることでしょう。
蓄えた学びを次々行動に移していく世界大会にしましょうhappy01

« 党創立91周年の講演上映会成功を | トップページ | ブラック企業の根絶をみんなの力で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233535/52776912

この記事へのトラックバック一覧です: 世界大会で行動への勇気を:

« 党創立91周年の講演上映会成功を | トップページ | ブラック企業の根絶をみんなの力で »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ