« 世界大会で行動への勇気を | トップページ | ブラック企業の告発電話を »

ブラック企業の根絶をみんなの力で

文部科学省の調査によれば今春の大学卒業者約56万人のうち、安定雇用に就いていない人が11万5000人(20.7%)に上りますflair

労働者を“モノ”のように扱い使い捨てるブラック企業が増える背景には自民党の「日本経済再生プラン」(2012年9月)があります。
「企業が世界で一番活動しやすい国をめざす」と掲げます。この背景にある2010年在日米国商工会議所の日本の指導者への提言「成長に向けた新たな航路の舵取り」は看過できません。
①合法的に解雇できる場合の基準の明確化、②政党な理由を欠く解雇の金銭的補償制度の導入、③試用期間における労働者保護の緩和、④内定制度の廃止、⑤派遣労働の規制緩和、を日本政府に求めているからですannoy

今回の参議院選挙でブラック企業の根絶や最低賃金の引き上げを掲げて青年は大いにたたかいました。
厚生労働省はブラック企業を集中的に監督指導するとして、離職率が高い企業約100社をはじめ、過重労働や法違反の疑いのある約4000社を9月に立ち入り調査を行うことになりましたsun
第一歩ですが、これも政治を前に進める確かな道です。
日本共産党はブラック企業・雇用問題対策チームを発足するとともに、首相に政治のイニシアチブで最賃を大幅に引き上げることを求めましたhappy01

資本主義経済の推進力は利潤第一主義。
「貧困、抑圧、隷属、堕落、搾取の総量は増大するが、しかしまた、絶えず膨張するところの、資本主義的生産過程そのものの機構によって訓練され結合され組織される労働者階級の反抗もまた増大する」(「資本論」第1部第7篇「資本の蓄積過程」第24章 いわゆる本源的蓄積 ④p1306)。
「“大洪水よ、わが亡きあとに来たれ!”これがすべての資本家および資本国家のスローガンである。それゆえ、資本は、社会によって強制されるのでなければ、労働者の健康と寿命にたいし、なんらの顧慮も払わない」(「資本論」第一部 第8章「労働日」②p464)。

志位委員長がツイッターで「ふうふう言いながら原稿を」練り上げているとつぶやいていますsign01
党創立91周年記念講演はいよいよ明日です。
金山の労働会館東館ホールです。
午後2時前に集まりましょうsign03
もとむら伸子さんが直接来るのはこの会場だけです。

« 世界大会で行動への勇気を | トップページ | ブラック企業の告発電話を »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233535/52810202

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック企業の根絶をみんなの力で:

« 世界大会で行動への勇気を | トップページ | ブラック企業の告発電話を »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ