カテゴリー「大学生」の5件の記事

昨日は、愛知淑徳大学、愛知県立大学で宣伝・対話を行ってきました。

就職難の問題を訴えると、チラシを受け取ってくれる学生が増えたような気がしますflairflairflair

何人かの学生から「景気回復してほしい」「就活が不安」「ブラック企業(人をもののように働かせる企業)が話題ですね、なくなってほしいです」との願いが寄せられましたpoutpout

「戦争はイヤなんで、改憲反対」という女子学生もいましたsign03

 

20分ほどお話しして下さった学生さんもいました。「アベノミクスは期待している。非正規社員の枠が多くなれば、絶対数として雇用が増えるのではないか」と言います。ですが「ブラック企業は問題だ」とのこと。こちらが、「非正規の枠を広げることは、ブラック企業が増えることになるんじゃないかな?」「ずっと賃金が減ってきたから景気が悪くなってきたんじゃないかな」と問いかけると、「う~ん…」という反応。自民党の支持というわけでもなさそうでしたが、「国会を見ていても良いこと言っていると思うのは、日本共産党。野党として力を発揮して欲しいと思っています」とのこと。

 

学生は、政治に対して、なんとなく良くなってもらいたい、なんとかしてもらいたいという気持ちがあります。しかし、党の抜本的対案を広い有権者に伝えていくには、試行錯誤をしながらの宣伝・対話活動ですnote

 

みなさんの対話の経験(良い経験や、苦労していることなど)をお寄せ下さいscissors

連日、大学の門前で宣伝しています!!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

6月24日は名古屋大学、25日は名古屋工業大学で宣伝しました。
昨日の宣伝では、気がつくと、おじいさんが、宣伝を熱心に聞いていました。宣伝後、拍手をして、名古屋大学病院のほうへ。こういう方がいると非常に励みになり、「宣伝がんばっていこう!」と思えます。
学生さんが、通り過ぎざまに、印を結んで「忍法、倍加の術」といっていました(笑)。
都議選の影響が実感されます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ある、ご年配の超ベテラン党員の方から「メディアで流されることは、国民をだます情報ばかり。メディアに負けないためにはとにかく、日本共産党がいたるところで目立つ行動をすることが必要だ」と言われたことがあります。

愛知県内いたるところで、音を出す宣伝をして、対話を広げないかぎり、「日本共産党」を投票先の1つの選択肢として考えてもらうきっかけはつくれません。
日本共産党の議席の倍加は、忍法ではできません。

選挙公示まで、あと9日。投票日まで、あと26日です。若者の力を総動員して、身近な人から積極的に声かけ、宣伝・対話活動に力をつくしましょう!!

学生のみなさんへ

学生新歓企画の紹介です。
5月18日(土)午前10時から「大学でどう学ぶか」.
民青同盟愛知県委員会が学生向けに講演とBBQを行いますnotes

゜゜・*:.。

会場は名大の近くの名古屋学生青年センターです。
途中参加、退場も歓迎です。
午後のBBQは一人800円で新入生は無料ですflair
5月の風を満喫しながら学び、交流しましょうsun

失言よりホンネじゃね?

「金がないなら結婚はしない方がいい」。24日、都内で開かれた学生との対話集会で麻生さんが、言っちゃいました。はぁ…(*´Д`)=3 。

★☆※☆※★
「(この発言は)むしろ若者の就職対策を進めなくてはならないという思いが、表現として出たのではないか」と、河村官房長官が援護のコメント。
(* ̄へ ̄)ン~、河村さん、これフォローになってまへんannoy

しかも麻生さん、「女性から見て、しっかり働いているのは尊敬の対象になる。稼ぎが全然なくて、尊敬の対象になるかというと、よほど何かがないと難しい」とも\(*`∧´)/
これには男性だけでなく、「これって、男尊女卑の世界やん!」と、突っ込み入れた女性も多いのでは?なんでやねん!

☆~☆~☆~☆
翌25日には、田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長が宮崎市内で、今月6日に行われた広島の平和記念式典の列席者について、「(記念式典には)被爆者も2世もいない。全国から集った左翼ばかりだ」などと発言。
広島、長崎の被爆者からは批判の声が上がっています。

失言よりホンネ?が飛び出す今日この頃。
今朝の「讀賣」朝刊には「鳩山代表 失言予防」の大きな見出し記事が…

*・゜゜・*:.。.:*・*:゜・*:.。
裏表ない人を見極めたいですね~( ̄▽ ̄;)

この1冊

日本福祉大学のあるゼミでのこと。
学生に5冊の「夏の課題図書」が提示されましたlovely
政治学者の姜尚中(カンサンジュン)氏の「悩む力」などとともに「マルクスは生きている」(不破哲三氏)もflair
同書の書評が雑誌「pen」に掲載されています。
http://pen.hankyu-com.co.jp/

「あなたが身を粉にして働いているのは、一体誰のためなのか。働くことの意味をじっくり考えさせる一冊だ。」

★☆※☆※★★☆※☆※★

不破氏は同書で「社会による規制」(マルクス)が資本の横暴を規制することを指摘。
「“ルールある経済社会”づくりは、いまや世界資本主義の大きな流れになっているのです」と強調しますshine
「悩む力」では“真面目に悩め。他者とも悩んでまじめに向き合え”とも。
青年の模索に真剣に向き合い、共に考えて前に進む力を、総選挙で発揮したいですね

◆ご意見・ご質問はkaeru-net-aichi@jcp-aichi.jp

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ